イメージ

Company

投稿日:2022.11.22/更新日:2023.12.27

ペット専用のお部屋は必要?作り方やおすすめアイテムを紹介

ペットを飼っている家庭において、建具や家具、家電製品を傷つけられたり、家じゅうの家財道具にいたずらをされたりといった悩みはつきものです。

このような悩みを解決するためのひとつの方法として、ペット専用の部屋を設けることが挙げられます。

具体的にどういった部屋が理想的なのか、おすすめのアイテムやグッズなども含めて解説します。

 

関連記事:プロが教えるペットリフォームが必要な理由とは

 

 

ペットに専用のお部屋が必要な理由

ペットを飼育する場合、間取りや居住スペースに余裕があればペット専用の部屋を作ることがおすすめです。

では、なぜペット専用の部屋があったほうが良いのか、主な3つの理由を紹介しましょう。

 

①ペットのストレスを低減するため

犬や猫といった動物は、もともと狭い場所を好む習性があります。

これは外敵から身を潜めるという本能のようなものです。

また、犬も猫もテリトリー(縄張り)をつくることが多いため、特に就寝するスペースは決まった場所に作ったほうが良いでしょう。

 

②いたずらを防ぐため

飼い主が仕事などで長時間外出する場合、ペット専用の部屋がないと部屋じゅうを歩き回り、いたずらをされるリスクがあります。

単にものを散らかしたり、コードをかじったりする行為だけであればまだ良いですが、ときにはペット自身がケガや感電をする危険性もあるでしょう。

このような危険から守るためにも、外出時などは安全に過ごせる専用の部屋を設けておくのが理想です。

 

③体調管理のため

ペットは全身を体毛に覆われていますが、極端に暑い場所や寒い場所では体調を崩すことがあります。

たとえば、犬の場合は比較的寒さに強いものの、暑さに弱いという特性があります。

真夏の季節に自宅へペットを放置したまま出かけてしまうと、熱中症にかかる危険性もあるでしょう。

そのため、ペットの健康を考えた場合、空調設備の整った専用の部屋を設け、外出時はそこで過ごしてもらうような工夫が必要です。

 

関連記事:滑るフローリングは犬や猫にとって危険!ペットの為の滑らないフローリング対策6選

 

 

ペットのことを考えた上手な間取りとは

これから住宅を建てたりリノベーションを検討している飼い主の場合、自分自身にとってもペットにとっても快適な居住空間を作りたいと考えることも多いでしょう。

ペットと一緒に過ごす住宅を設計するためには、まずペットの習性をよく理解しておく必要があります。

たとえば、猫の場合は高いところに登ったり降りたりする上下運動によってストレスを発散できます。

そのため、部屋の中にキャットウォークを設置したり、キャットタワーを置くスペースを設けたりすることが重要といえるでしょう。

また、犬・猫ともに狭い空間が落ち着く習性もあることから、階段下のスペースや部屋の一角に専用のスペースを設けるなど、ペット専用の間取りを考えることが重要です。

 

ペット専用のお部屋を作るメリット

ペット専用の部屋を作ることで、具体的にどういったメリットがあるのでしょうか。

犬と猫それぞれにとってのメリットを解説します。

 

①犬にとっての専用部屋を作るメリット

冒頭でも紹介した通り、犬は暑さに弱い動物です。

そのため、ペット専用の部屋を作ることで外出時も快適な空調が維持でき、健康管理に役立つでしょう。

飼い主にとってみれば、限られた部屋のみ空調の電源を入れておけば良いため、光熱費の節約にもつながります。

また、犬にとってフローリングは滑りやすく、足腰を痛めやすいという問題があります。

専用の部屋を設けてカーペットなどを敷いておけば、ケガをする心配がなくなるほか、フローリングも汚さずに済みます。

 

関連記事:【犬のトイレ】おすすめの設置場所やリビングでの置き方、おしゃれな工夫を解説!

 

②猫にとって専用部屋を作るメリット

猫専用の部屋を作るメリットとしては、爪とぎの被害を防げることが挙げられます。

猫はもともと狩りをする動物であり、鋭い爪を維持するために壁や柱などに爪を立てて爪とぎをします。

しかし、室内で爪とぎをされてしまうと、家じゅうが傷だらけになってしまい、補修に多額の費用がかかってしまいます。

そこで、猫専用の部屋を作ることで、爪とぎの被害を最小限に抑えられるメリットがあるのです。

また、猫は狩りをしたり外敵から身を守ったりするために高いところに登る習性があります。

専用の部屋を作りキャットタワーやキャットウォークを設置することで、猫にとってストレスのない居住空間が完成します。

 

◆猫ちゃんが喜ぶPetRideの商品はこちらから

 

 

ペット専用のお部屋を作るときの注意点

専用の部屋を作ることは、ペットにとってさまざまなメリットがあることが分かりました。

では、どういったポイントに注意して専用の部屋を作れば良いのでしょうか。

犬と猫、それぞれのパターンに分けて紹介しましょう。

 

①犬専用の部屋を作るときの注意点

犬はもともと暑さに弱い傾向があることから、専用の部屋を作る際には空調設備が必須となります

特に、真夏の季節に直射日光が当たる場所だと空調のつけ忘れなどで熱中症に陥る危険性もあるため注意しましょう。

また、部屋のなかを活発に動き回ることも多いですが、表面がつるつるとしたフローリングだと足を滑らせてしまい、怪我をするおそれがあります。

そのため、部屋の床にはカーペットなどを敷き、足が滑らないような配慮をしておくことも重要です。

 

関連記事:【犬の食糞は危険?】犬がフンを食べてしまう原因やしつけ・におい対策とは?

 

②猫専用の部屋を作るときの注意点

猫も犬と同様、空調を完備しつつ、床が滑らないようにカーペットなどを敷いておくことが重要です。

さらに、猫は外敵から身を守るために高いところに登る習性がある動物です。

低い場所よりも高い場所のほうがリラックスできることから、キャットウォークなどを設置しておくと良いでしょう。

 

関連記事:【猫ちゃんが喜ぶ!】猫にとって快適な生活を送れる部屋作りのポイント6選!

 

 

多頭飼いの場合は専用のお部屋を作るべきか

1頭だけでなく、複数頭のペットを飼っている飼い主も多いのではないでしょうか。

そのような場合も、ペット専用の部屋を作ることがおすすめです。

ペットの頭数が増えれば増えるほどトイレの処理や体毛の掃除などに手間がかかります。

リビングや寝室などにも日常的にペットが入ってきてしまうと、衛生的にも良いとはいえないため、専用の部屋を作ることで清掃の手間を最小限にできるはずです。

 

新築以外でもペット専用のお部屋を作ることは可能?

ペット専用の部屋を作ると聞くと、住宅の設計から始める必要があるため手間とコストを要します。

現在居住している一戸建てやマンションの場合、ペット専用の部屋を作ることは難しいのではないか、と考える方も多いでしょう。

しかし、そのような場合でもペットリノベーションは可能であり、予算や部屋の間取りに応じてさまざまな提案が可能です。

現在使用していない部屋があったり、部屋の一区画をペット専用の空間にしたい、といった要望があれば、ペットリノベーションに対応した業者へ相談してみるのも良いでしょう。

 

◆猫ちゃんが喜ぶPetRideの商品はこちらから

 

 

ペット専用部屋で快適に過ごせるグッズ

ペット専用の部屋を作る際、快適に過ごしてもらうためにはさまざまなグッズを用意するのもおすすめです。

どういったグッズがあるのか、代表的なものをいくつか紹介しましょう。

 

①ペット用マット・クッション

昼と夜の寒暖差が大きい季節になると、朝は寒くても昼になると気温が上がり室内が暑くなることもあります。

そのような場合におすすめなのが、ペット用のマットやクッションです。

夏でもひんやりとした感触で、暑さをしのぐことができます。

 

②ペットハウス

ペットハウスとは、その名の通り犬や猫が隠れられるような小型の部屋のことを指します。

犬や猫はもともと狭い空間を好む性質があり、外敵から身を守れるようなペットハウスがあれば安心して寝ることができます。

 

③カーペット

ペットの足腰の負担を軽減するためには、床にカーペットやマットを敷くのもひとつの方法といえるでしょう。

ペット専用の部屋に特におすすめしたいのが、数十cm四方のサイズのものを組み合わせて使用できるタイルカーペットです。

汚れた部分だけを交換できるほか、1枚あたりのコストも安価です。

 

④爪とぎ

猫専用の部屋を作る際におすすめのグッズが爪とぎです。

これを部屋に設置しておけば、壁や柱、床などに爪を立てて傷をつける心配もなくなるでしょう。

壁のコーナー部分に設置するタイプの爪とぎもあれば、キャットタワーと一体型となったタイプの製品もあります。

 

関連記事:【犬や猫を飼っている方必見】ボロボロになった壁紙の補修方法や工夫について!

 

⑤キャットタワー

キャットタワーとは、猫が高いところに登って上下運動をするためのグッズです。

人間の身長ほどの高さのものから、数十cm程度のコンパクトなサイズのものまで多種多様で、持ち運びも簡単です。

部屋の壁面に段を設けてキャットウォークを作る方法もありますが、予算の都合や間取り、部屋のデザインなどの問題で大規模なリノベーションが難しい場合におすすめです。

 

関連記事:猫にとってキャットタワーは必要?キャットウォークとの違いや選び方、費用について解説

関連記事:DIYでおしゃれなキャットウォークの作り方を紹介|業者との違いは?

 

※キャットタワーの動画もご覧ください

 

テイストならご要望に合わせたペットリノベーションを提供

ペット専用の部屋を作る目的は、飼い主とペットの双方にとって快適な居住空間を実現することです。

しかし、すべての住宅施工業者がペットリノベーションの知見が豊富とはいえず、必ずしも理想的な居住空間を提案できるとは限りません。

テイストはこれまで、数多くのペットリノベーションを手掛けてきた実績があり、ペット専用の部屋づくりに関してもさまざまな提案が可能です。

予算が限られている方や、家が狭くリノベーションができるか不安に感じている方も、まずは一度テイストまでお問い合わせください。

 

関連記事:ペットリノベーション業者の正しい選び方|ペットにとって危険な室内の環境について解説

 

 

まとめ

新築一戸建てを設計する場合はもちろんのこと、現在居住している一戸建てやマンションでもペット専用の部屋を作ることで快適な居住空間を実現できます。

飼い主にとってはストレスフリーな住宅でも、ペットにとっては思わぬところに危険が潜んでいたり、ストレスを感じたりするものです。

ペットと飼い主双方にとって快適な居住空間を実現するためにも、ペットリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。

 

◆猫ちゃんが喜ぶPetRideの商品はこちらから

 

 

お問い合わせ

LINEで質問

株式会社テイスト

株式会社テイスト

expand_less